おうちシェフのレシピ

低温コンベクションオーブン買いました。

 

新型コロナのオミクロン株の感染拡大でまん延防止措置になっている広島なので、どこにもいないので家で料理のレパートリーを増やそうと、古くなったコンベクションオーブンから買い替えで低温調理の出来るコンベクションオーブンを買いました。

低温調理をうたっているので今までのような高温のオーブン料理には向いてないようで、ちょっとまだ使い慣れません。ローストビーフとかもちょっと加減がまだわからんです、笑。

 

でも低温で調理して、大根のはりはり漬けとか大根の皮のニンニク醤油漬けとかが出来るので試してみると、外に干す手間が無くなるので良かったです。

大根のはりはり漬け

大根の皮のニンニク醤油漬け

 

酒のつまみばっかり増えますが・・・笑

もうちょっと使い慣れるにはかかりそうですね・・・

ドライトマトとか行けそうですけどね・・・

 

鯛の一夜干しを作ってみました。

 

先日お魚屋さんに行ったときに鯛のアラが200円のところ半額の100円になっていました。

これは買わないと!と思い買って、家に帰って・・・

サッと洗って、お酒をちょっと振りかけて、ちょっとおいしい沖縄の藻塩を振りかけて・・・

魚釣りのルアーに引っ掛けて外に干しました。

一日干して水分がとんだ時点でカラスに取られるといやなので冷蔵庫にペーパータオルにくるんで保管一日。

合計2日かけて良い感じになったので焼いてみました。

 

 

チョット山椒をふって出来上がりです。

 

100円だけど手間はかかります・・・

でも美味しいですよ。

簡単なのでぜひお試しを・・・

お酒の肴にぜひどうぞ・・・

ビーフと野菜のグリル、トリュフ塩と長芋とチーズがけ

 

日曜日にバーベキューをテニスの仲間とやった残りのお肉が冷凍庫にあったので、むかしどこかで買った(笑)トリュフ塩を使ってちょっと焼いてみました。

 

長芋のすりおろしとパルミジャーノチーズのすりおろしを混ぜたものです。

後で塩コショウとニンニクで焼いたお肉と軽くゆでた野菜に絡めます。

こんな感じ・・・

 

トリュフ塩をパラッと振って出来上がり!

 

 

お家でワインでも飲みながらどうぞ・・・

和風!納豆ハンバーグ

 

昨日納豆ハンバーグを作ってみました。

中華の豆鼓醤を使ったメニューは以前ご紹介しましたが、今度は純和風に・・・

材料:  豚ミンチ、納豆(小粒かひきわりで)、玉ねぎみじん切り、卵、塩コショウ、味噌出汁、生姜、お酒、山椒粉

つけ合わせに青梗菜

 

作り方:

1: 納豆ハンバーグの材料をボールに入れて手袋はめてこねこねします。

後は焼くだけ・・・

2: じっくり焼いてるとハンバーグから脂が結構出てくるので、ハンバーグにほぼ火が通ってきたら、青梗菜を入れてその油で焼きます。

3: 火が通ってきたらみりんとお醤油を大体同量を入れてサッと青梗菜に味付けて出来上がりです。

 

最初納豆ハンバーグの種は柔らかいですが、焼いていくとだんだん固くなって崩れにくくなるのであまり最初ひっくり返し過ぎないようにしましょう。

 

お試しあれ・・・

 

あっ、出汁ですが、お勧めなのが「だし道楽」

 

 

これは便利ですごくおいしいです。

八丁堀辺りの自動販売機に売ってますが、スーパーにもあるのかなぁ??

粉じゃないのでなんでも混ぜれるし、旨味しっかりで、いつもこれを飲みに行った帰りに買ってくるという感じですかね、笑。

三越の電車道路j挟んで上八丁堀の方に行くとミスタードーナツの向かいの駐車場辺りの自動販売機に売ってました。

なかなか自分で出汁まで取るの面倒ですもんね。

 

定番メニュー、焼くだけチキン!

 

最近定番入りしたチキンの焼くだけメニュー

塩コショウしてニンニクとショウガを刷り込んでじっくり弱火で油引かずに皮目からじっくり焼くだけ・・・

皮がパリパリになったらひっくり返してこれまたじっくり焼いたら出来上がり。

粒マスタードとバルサミコをかけると旨いです。

 

今回はそれにバター醤油で味付けたアスパラやパプリカ、カリフラワーを添えました。

なんか新しいもの考えないと・・・と最近レシピマンネリ化だものね・・・笑

手羽先のグリル ナンプラー風味

 

お天気があまりよくなくてジメジメしていた昨日は家でビールでも飲もうとおつまみ作り・・・

 

簡単で美味しい手羽先のグリルにしてみました。

 

材料:  手羽先、塩コショウ、生姜チューブ、ニンニクチューブ、お酒、ナンプラー、お醤油、お砂糖チョット、パクチーパウダー(シャンツァイ(香菜)

作り方:  

手羽先に上の調味料の材料(塩コショウとショウガ、ニンニク、お酒、お砂糖少し、ナンプラー、お醤油)を入れて全体にまぶし混ぜ混ぜします。

それをコンベクションオーブンでパクチーパウダーをかけて、250度25分くらい焼くそれだけです。

表面はカリッと、中はジューシーに焼けました。

 

その間に夕食作れます、ほおっておいたら出来上がるのでお勧めです。

 

 

 

 

海老とひき肉と納豆の揚げ詰め

緊急事態宣言が延びて外食もままならない今日この頃です・・・笑

海老とひき肉と納豆で餡を作って油揚げの中に詰めてみました。

ひき肉と納豆は中華の豆鼓醤と合わせて以前にも載せましたが、今回は和風に・・・海老の豚巻きのエビが余ったので、入れてみました。

 

材料: 豚ひき肉、海老、玉ねぎ、卵、納豆、だしの素、塩コショウ、醤油、生姜、酒、醤油、山椒粉、油揚げ、

 

作り方:

1: 全部混ぜて油揚げの中に入れます。

 

 

 

2: 電子レンジでひき肉に火が通るくらいにチンします。

 

3: 2をオーブントースターでカリッと焼いて出来上がり。

生姜とお醤油ちょっとかけてどうぞ・・・

 

 

 

お試しあれ・・・

 

豚肉と大根とピーマンの明太子炒め

 

広島にもまん延防止重点措置が取られるようになりました。

コロナ感染者が増えてきていますので仕方ないんでしょうが、外食の機会が減ってしまって、なかなかお店紹介もできない状態ですね、笑。

 

お家でご飯なのでレシピと言っても大体いつも同じようなもののローテーションになってしまいますね。

 

炒め物によく使うピーマンと豚バラ、煮込みによく使う大根、ご飯のお供の明太子を使って作ってみました。

 

材料:  豚バラ、大根、ピーマン、エリンギ、明太子、出汁、塩昆布、塩コショウ、砂糖、醤油、酒、みりん、生姜

 

作り方:

1: まあいつも一緒なんですが(笑)、切って塩コショウ少々、豚バラの臭み消しにお酒、生姜を入れて炒めます。

2: 火が通ってきたら、塩昆布、出汁(液体のあごだしの素を使いました)、砂糖ちょっと、最後に明太子を入れます。

3: 明太子に火が通ってきたら、お醤油ちょっと、みりんちょっと入れて出来上がり。

明太子や塩昆布の塩味もあるので塩味の分量は合計で考えましょう。

 

すぐにサッと出来ちゃうのでお弁当の一品にも、お酒のおつまみにも最適です。

 

いつもの材料でちょちょっと出来るメニューでした。

お試しください。

鶏ミンチカツからの・・・

先日日々花で食べたミンチカツを参考に・・・

ちょっと作ってみました。

 

材料:  鶏ミンチ、和風だし、玉ねぎ、キャベツ、塩昆布、塩、酒、パン粉、

卵、新生姜

 衣の材料: 小麦粉、溶き卵、パン粉

 

作り方は普通です。変わってるのはキャベツのみじん切りと和風だしと塩昆布くらいですかね・・・

 

 

ガッツリ系じゃなくてやさしいミンチカツです。

 

 

アレンジレシピで・・・

 

結構タネが柔らかくなったので半分はパン粉付けるの面倒になって寿司の揚げを使って中に入れてみました。

揚げの中に入れて、レンジで加熱して火を通して、それからオーブントースターで焼くとすぐできます。

 

油で揚げるよりヘルシーかもですね。笑

どちらも美味しいです。

お試しあれ・・・

 

鶏もも肉のカリッと焼き 季節の野菜添え

蒸し暑い日が続いて胃腸の調子もちょっともたれ気味、モモ肉漬けておくにも時間が足らず、面倒なのでそのまま簡単に食べたいということで作ってみました。

 

鶏もも肉をただ塩コショウとしょうが、にんにくで焼いただけのものですが、結構いけます。最後にバルサミコをちょっとかけてますが。

色どりに・・・

ブロッコリーのゆでたのとパプリカ、新玉ねぎ、大根を

ミツカンのやさしいお酢にだしをちょっと入れて醤油少々入れた液に漬けてサッと混ぜてつけ野菜にしました。オリーブオイル入れてドレッシングにしてもよかったのですが鶏肉をさっぱり食べたかったので酢と出汁のままです。

(添え野菜が余ったらマリネ野菜にしてもオッケーですから。)

 

もも肉と一緒に食べるとあっさりして美味しいです。

 

 

作り方は

肉をフォークなどで適当にぶっ刺して塩コショウ、ニンニクとショウガまぶして・・・

弱火で皮目から油も引かずに蓋もせずにただそのままじっくり動かさずに焼く・・・

周りの肉に火が通り始めて色が変わってきたらひっくり返す。余分な脂はキッチンペーパーで吸い取ってただじっと焼くだけです。

 

皮がパリッとして旨いですよ。添え野菜の酢の酸味がさっぱりさせてくれてペロッとイケます。

お試しあれ・・・