おうちシェフのレシピ

竹虎の鬼おろし買いました!

 

竹炭などで有名な竹虎さんの鬼おろしを買いました。

大根おろしなどを粗くおろす物です。

 

 

余り水分が出ず粗くおろせます。

柔らかく、細かくおろすのも良いんですが、粗い大根おろしも美味しいですよ。

 

唐揚げを作ったので、それに合わせてみました。

 

 

 

肉を柔らかくする酵素を使ってちょっと置いて、塩コショウと酒、小麦粉、片栗粉、ベーキングパウダーを入れてカラッと揚げました。

 

そこに合わせたタレが・・・

みりんと酒同量くらいを煮立たせて、そこにおろししょうが、おろしにんにく、鷹の爪をいれて、

醤油を投入し、ミツカンのやさしいお酢も入れてます。

これを絡めたらなかなかイケます、今回はそれに粗削りの大根おろしです。

 

 

 

大根のみずみずしさが感じられて美味しかったです。

 

竹虎の鬼おろし器なかなか優れもんです。

 

 

 

豚しゃぶ ニラドレッシング

 

ニラが美味しい季節ですね。

 

簡単すぐできる豚しゃぶのニラドレッシングがけを作ってみました。

 

豚バラを鍋にお湯を沸かせてちょっとお酒を入れてくぐらせて湯がきます。余りグツグツしないようにする方が柔らかく仕上がるそうです。

 

ニラドレッシングを二種類ご紹介

 

1:  ミツカンのやさしいお酢と醤油を1:1、

それにニラを切って入れて熱したごま油をジュッと入れて混ぜてごまを擦って入れれば出来上がり。僕は辛いのが好きなのでちょっとラー油も入れますがお好みで。

 

2:  もう一つはやさしいお酢と醤油とゴマポン酢を1:1:1で入れて、ニラを切って、ゴマ油をジュッと入れてもゴマ感が増しておいしいですよ。

 

 

 

イチゴジャムを作ってみました。

この前かったイチゴが酸っぱすぎて・・・どうにかならんかと思い、お休みの日にイチゴジャムにしてみました。

 

イチゴの重量の30%くらいの砂糖をまぶしてしばらくそのまま何時間か置いておくと水分が出てきます。

 

それを中火にかけてざっとつぶしながら混ぜていきちょっとグツグツさせながら灰汁をこまめにとってレモン汁を加えて煮詰まってきたら出来上がりです。実際煮詰めてるのは15分くらいでしょうかね。意外にあっさりできます。

 

今回は大人用に砂糖はきび砂糖、隠し味にラム酒とバルサミコ酢とシナモンを入れてみました。

煮沸した瓶に入れて保存です。すぐ食べるのであまり甘くしませんでした。保存に耐えるには40%位にはしないと駄目なようですが・・・まあイチゴがちょっとしかないのでOKでしょう。

 

結構いけましたよ。

 

あまりにイチゴが酸っぱかったら作ってみてください、笑。

 

 

ささみチキン南蛮

 

最近コロナでどこにも食べに行けないので、お休みの時には家飲みです。

 

今回はささみのチキン南蛮にしてみました。

 

1:

ささみをちょっと塩コショウして、小麦粉と片栗粉にベーキングパウダーを入れた衣をつけて揚げます。

(大きなシイタケも頂いたので揚げてみました。)

 

それに、酢と醤油、みりんで甘いタレを作ってかけます。

 

そこにタルタルを乗っけて出来上がり。

 

タルタルソース:  ゆで卵と玉ねぎみじん切り、大根のハリハリ漬けみじん切り、マヨネーズ、酢、塩コショウで作りました。 パリパリ歯ごたえがあってなかなか美味しいです。

 

なかなか外食が出来ない状況なのですじ煮込み作ったりとちょっと時間のかかるメニューが最近増えましたが、早くオミクロン収束すると良いですね・・・

低温コンベクションオーブン買いました。

 

新型コロナのオミクロン株の感染拡大でまん延防止措置になっている広島なので、どこにもいないので家で料理のレパートリーを増やそうと、古くなったコンベクションオーブンから買い替えで低温調理の出来るコンベクションオーブンを買いました。

低温調理をうたっているので今までのような高温のオーブン料理には向いてないようで、ちょっとまだ使い慣れません。ローストビーフとかもちょっと加減がまだわからんです、笑。

 

でも低温で調理して、大根のはりはり漬けとか大根の皮のニンニク醤油漬けとかが出来るので試してみると、外に干す手間が無くなるので良かったです。

大根のはりはり漬け

大根の皮のニンニク醤油漬け

 

酒のつまみばっかり増えますが・・・笑

もうちょっと使い慣れるにはかかりそうですね・・・

ドライトマトとか行けそうですけどね・・・

 

鯛の一夜干しを作ってみました。

 

先日お魚屋さんに行ったときに鯛のアラが200円のところ半額の100円になっていました。

これは買わないと!と思い買って、家に帰って・・・

サッと洗って、お酒をちょっと振りかけて、ちょっとおいしい沖縄の藻塩を振りかけて・・・

魚釣りのルアーに引っ掛けて外に干しました。

一日干して水分がとんだ時点でカラスに取られるといやなので冷蔵庫にペーパータオルにくるんで保管一日。

合計2日かけて良い感じになったので焼いてみました。

 

 

チョット山椒をふって出来上がりです。

 

100円だけど手間はかかります・・・

でも美味しいですよ。

簡単なのでぜひお試しを・・・

お酒の肴にぜひどうぞ・・・

ビーフと野菜のグリル、トリュフ塩と長芋とチーズがけ

 

日曜日にバーベキューをテニスの仲間とやった残りのお肉が冷凍庫にあったので、むかしどこかで買った(笑)トリュフ塩を使ってちょっと焼いてみました。

 

長芋のすりおろしとパルミジャーノチーズのすりおろしを混ぜたものです。

後で塩コショウとニンニクで焼いたお肉と軽くゆでた野菜に絡めます。

こんな感じ・・・

 

トリュフ塩をパラッと振って出来上がり!

 

 

お家でワインでも飲みながらどうぞ・・・

和風!納豆ハンバーグ

 

昨日納豆ハンバーグを作ってみました。

中華の豆鼓醤を使ったメニューは以前ご紹介しましたが、今度は純和風に・・・

材料:  豚ミンチ、納豆(小粒かひきわりで)、玉ねぎみじん切り、卵、塩コショウ、味噌出汁、生姜、お酒、山椒粉

つけ合わせに青梗菜

 

作り方:

1: 納豆ハンバーグの材料をボールに入れて手袋はめてこねこねします。

後は焼くだけ・・・

2: じっくり焼いてるとハンバーグから脂が結構出てくるので、ハンバーグにほぼ火が通ってきたら、青梗菜を入れてその油で焼きます。

3: 火が通ってきたらみりんとお醤油を大体同量を入れてサッと青梗菜に味付けて出来上がりです。

 

最初納豆ハンバーグの種は柔らかいですが、焼いていくとだんだん固くなって崩れにくくなるのであまり最初ひっくり返し過ぎないようにしましょう。

 

お試しあれ・・・

 

あっ、出汁ですが、お勧めなのが「だし道楽」

 

 

これは便利ですごくおいしいです。

八丁堀辺りの自動販売機に売ってますが、スーパーにもあるのかなぁ??

粉じゃないのでなんでも混ぜれるし、旨味しっかりで、いつもこれを飲みに行った帰りに買ってくるという感じですかね、笑。

三越の電車道路j挟んで上八丁堀の方に行くとミスタードーナツの向かいの駐車場辺りの自動販売機に売ってました。

なかなか自分で出汁まで取るの面倒ですもんね。

 

定番メニュー、焼くだけチキン!

 

最近定番入りしたチキンの焼くだけメニュー

塩コショウしてニンニクとショウガを刷り込んでじっくり弱火で油引かずに皮目からじっくり焼くだけ・・・

皮がパリパリになったらひっくり返してこれまたじっくり焼いたら出来上がり。

粒マスタードとバルサミコをかけると旨いです。

 

今回はそれにバター醤油で味付けたアスパラやパプリカ、カリフラワーを添えました。

なんか新しいもの考えないと・・・と最近レシピマンネリ化だものね・・・笑

手羽先のグリル ナンプラー風味

 

お天気があまりよくなくてジメジメしていた昨日は家でビールでも飲もうとおつまみ作り・・・

 

簡単で美味しい手羽先のグリルにしてみました。

 

材料:  手羽先、塩コショウ、生姜チューブ、ニンニクチューブ、お酒、ナンプラー、お醤油、お砂糖チョット、パクチーパウダー(シャンツァイ(香菜)

作り方:  

手羽先に上の調味料の材料(塩コショウとショウガ、ニンニク、お酒、お砂糖少し、ナンプラー、お醤油)を入れて全体にまぶし混ぜ混ぜします。

それをコンベクションオーブンでパクチーパウダーをかけて、250度25分くらい焼くそれだけです。

表面はカリッと、中はジューシーに焼けました。

 

その間に夕食作れます、ほおっておいたら出来上がるのでお勧めです。